読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本屋会議』ができました(夏葉社・島田)。

 

 

12月12日の「町には本屋さんが必要です会議シンポジウム」、

そして、『本屋会議』の刊行をもって、1年にわたる「町本会」の活動が終了しました。

多くの人々の支えと協力があって、なんとか、活動をすることができました。

出演してくださった方々、会場に来てくださった方々、お会いしたときや、

メールやツイッターなどであたたかい言葉をくださった方々。

この場を借りて、みなさまに、あらためてお礼を申し上げたく思います。

本当に、ありがとうございました。

 

自分が好きな「町の本屋さん」がいつまでもあってほしい。

そのヒントを1年かけて、町の住人のひとりとして、模索してきたつもりですが、

積み残した問題は、まだ山のようにあります。

 「違う」

「そんな甘いもんじゃない」

とずっといわれているような気がしながら、会議を続けてきました。

本音をいうと、胃が痛い日々でした。

 

ぼくが多くの時間と交通費をかけて「町本会」をやり続けた理由は、とても単純で、

やっぱり、ぼくは、「町の本屋さん」に恩を感じているからです。

町に本屋さんがあって、ぼくは本が好きになりました。

町に本屋さんがなければ、ぼくはこんな仕事をしていなかったし、

もっといえば、ぼくの生活はもっと暗いものだったように思います。

本に救われたというよりも、本屋さんに救われた、というのがぼくの実感です。

子どもたちにも、そうした場所があってほしい、と願っています。

 

けれど、「本屋さんでもっと本を買いましょう」といった、ひとつのスローガンに

集約されてしまうことには、すこし抵抗を感じます。

ぼくは、ある時期まで、そのような気持ちで本屋さんと接していましたが、

「なにか一冊本を買わなくちゃ」という思いで立ち入る「町の本屋さん」は、

すくなくとも、楽しい場所にはなりません。

 

10年も、20年も、50年も、自分の住む町に、自分の好きな本屋さんがあるために、

もっともっと考えることや、やれることがあるように思います。

それは、業界の人間としてではなく、ひとりの町の住人として、です。

漠然と、「本」全般を、「本屋さん」全般を、考えるのではなく、

自分の好きな「一冊の本」のこと、「一軒の本屋さん」のことを考えることのほうが、

より具体的な未来です。

『本屋会議』は、その考えるためのヒントを、可能な限りたくさん詰め込んだ本だと思っています。

 ひとりでも多くの方が読んでくれることを、願っています。