読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『本屋会議』ができました(夏葉社・島田)。

12月12日の「町には本屋さんが必要です会議シンポジウム」、 そして、『本屋会議』の刊行をもって、1年にわたる「町本会」の活動が終了しました。 多くの人々の支えと協力があって、なんとか、活動をすることができました。 出演してくださった方々、会…

「町本会」ファイナル

今年1月から開催してきました「町には本屋さんが必要です会議」。これまで16回開催してきましたが、いよいよ、この12月で最後です。その1年の総決算のつもりで、最後は「会議」ではなく「シンポジウム」として、いまもっともお話を伺いたい、お二人の…

第14回「町本会」のお知らせ。

以前、このブログに書きましたとおり、「町には本屋さんが必要です会議」は、昨年の海文堂書店の閉店を直接的なきっかけとして、はじまりました。今回は、その海文堂書店の店長をされていた福岡宏泰さん、海文堂書店とゆかりの深い雑誌『ほんまに』の編集を…

第13回「町本会」のお知らせ

町本会の活動も折り返し地点を過ぎ、いよいよ年末のフィナーレに向けて議論をまとめていきたく思っています(議事録を出せておらず、すいません)。町本会をはじめるにあたって、必ずここで開催したいと思っていた書店がいくつかあり、今回お知らせします熊…

町本会公開会議が読売新聞で紹介されました

町本会(町には本屋さんが必要です会議)の活動が久しぶりに新聞で取り上げられました。 「町の本屋さん 知のガイド」(7/24 読売新聞大阪版) (紙面の写真の掲載については、読売新聞の方の許可を得ています。) 記事では、最初に町本会立ち上げの経緯、各…

第11回「町本会」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第11弾が決まりました。今回の開催地は岡山。451BOOKSさんです。 晶文社から出た拙著(『あしたから出版社』)の発売記念を兼ねた、夏葉社+晶文社のフェアとイベントの2本立て企画で、町本会はト…

町本会@名古屋が終わりました。次は東京・西荻窪です。

昨日の「町には本屋さんが必要です会議vol.9@名古屋」〜『書店ガール3』と『あしたから出版社』刊行記念。〜は、大盛況でした。 七五書店さんは本当に素晴らしい本屋さんです。そのお店が好きならば、お店で働く人たちの代わりに、素晴らしい! 素晴らしい…

町本会@京都が終わりました。次は名古屋です。

昨晩7/9に、恵文社一乗寺店で開催されました「「町には本屋さんが必要です会議Vol.8@京都左京区」 〜『街を変える小さな店 京都のはしっこ、個人店に学ぶこれからの商いのかたち。』と『あしたから出版社』刊行記念。〜」。たくさんの人にお越しいただきま…

第12回「町本会」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第12弾が決まりました。今回の場所は、島根。artos Book Store(アルトスブックストア)さんです。 「町には本屋さんが必要です会議」Vol.12@島根 〜本屋さんの本音を聞いて欲しい夏の黄昏〜 日時…

公開会議の開催予定一覧を更新しました

詳細が未定のものばかりですが、町本会の公開会議の開催予定一覧に8〜10月の予定を追加、更新しました 空犬通信:町本会の公開会議(イベント)一覧です【更新】 http://sorainutsushin.blog60.fc2.com/blog-entry-2241.html

第9回「町本会」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第9弾が決まりました。今回の場所は、名古屋。七五書店さんです。出版業界にいて、SNSをやっていれば、七五書店さんの名を一度や二度、聞いたことがあると思います。情報発信力がある、新瑞橋の…

第8回「町本会」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第8弾が決まりました。(ちなみに第7弾、横浜はすでに満席です)。場所は、京都左京区。恵文社一乗寺店さんです。昨年刊行された数多くの本屋さん本を読み、恵文社一乗寺店店主、堀部篤史さんの著…

特別寄稿「一二三書店」

「町本会」には多くの人がかかわっています。登壇してくださる本屋さんはもちろん、出版社や、取次、その他、いろんな人が 知恵を出してくださり、それらを会の運営に反映させています。今回、『書店ガール3』(PHP文庫)を刊行されたばかりの碧野圭さんが…

『本屋会議(仮)』ができるまで2

本屋会議ができるまで2 町の本屋さんがあぶない。職業柄、毎日のようにそうした言葉に出会う。実際、書店で働く人たちからも「きつい」という話をよく聞く。昨年47都道府県の書店を取材し、刊行した『本屋図鑑』の取材の過程においても、実に多くの本屋さ…

もし、写真がありましたら。

突然で、すいませんが、写真をさがしています。今年の年末、町本会の活動と町の本屋さんを取材した本『本屋会議(仮)』を刊行いたします。そのなかに「町の本屋さん」がこの50年でどのように変わってきたかについて、論考を掲載する予定です。その資料と…

第3回会議の議事録(下)

今年3月15日に開催しました第3回目の「町本会」の議事録の(下)です。「本屋だけは『つまはじき者』を出さないような場所にしておきたい」と話す、増田書店・篠田さんの本屋論。最後までお読みください。なお、今回の議事録は、共催してくださった「国…

第3回会議の議事録(中)

今年3月15日に開催しました第3回目の「町本会」の議事録の(中)です。『書店ガール』の創作秘話から、個々人の読書論まで。「本を読むとはどういうことなのかを、次の世代に伝えられなかったからなんじゃないかな」という篠田さんの言葉が心に残ります…

第6回「町には本屋さんが必要です会議」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第6弾が決まりました。いまもっとも注目されている本屋さんのひとつである、広島県庄原市の「ウィー東城店」の佐藤さんをゲストにまねき、町の本屋さんの可能性についてお話を伺います。 「町には本…

第3回会議の議事録(上)

遅くなってしまいましたが、今年3月15日に開催しました第3回目の「町本会」の議事録です。 東京の国立にある老舗書店、増田書店の篠田宏昭さん、作家の碧野圭さん、往来堂書店の笈入健志さん、夏葉社の島田の4名で質疑応答を合わせて計3時間、「町の本…

第7回「町には本屋さんが必要です会議」のお知らせ

「町には本屋さんが必要です会議」(町本会)の公開会議、第7弾が決まりました。 「町には本屋さんが必要です会議」 〜町本会公開企画会議 Vol.7@石堂書店〜 日時:2014年6月13日(金) OPEN 19:00 START 19:30(〜21:00) 場所:石…

町本会の公開会議(イベント)一覧です【更新】

町本会公開会議(イベント)、開催済みのものと、開催予定のものとを、一覧にまとめてみました。くわしくは、リンク先の記事をご覧ください。 (*7月以降は予定ですので、日時・名称・開催の有無などが変更になる場合があります。) 1/17 「町には本屋さん…

子どもの文化普及協会

「子どもの文化普及協会」って、ご存知ですか?ぼくは知りませんでした。「町には本屋さんが必要です会議」を立ち上げたとき、真っ先にご連絡をくださったのが、表参道にある「子どもの文化普及協会」さんでした。「私たちは、子どもが本に触れられる場所を…

町には本屋さんが必要です会議 at 小豆島

受付はじまっています! 「町には本屋さんが必要です会議」Vol.4 ~小豆島から本屋さんと本を考える~ 小豆島の「迷路のまちの本屋さん」にて、サウダージ・ブックスの 淺野さんと、参加者のみなさんと、本屋さんと本について、 ゆっくり、のんびり、真面目…

第2回会議の議事録(下)

第2回目の「町には本屋さんが必要です会議」。前半部では他業種の小売りの状況を見てきましたが、後半では、レコード屋さんの状況、そして、本屋さんの話へと続いていきます。決して明るい話ではないですし、こうしたらいい、というような未来も提示できて…

第2回会議の議事録(上)

2回目の会議は、2月27日(金)、前回と同じく、西荻窪のbeco cafeで行われた。出演者も前回と同じ。往来堂書店の笈入さんと、ブログ空犬通信を運営している空犬さん、夏葉社の島田の3名である。 前回あがった課題を1ヵ月の間にそれぞれが調べてきて、それ…

「町には本屋さんが必要です会議」 at 札幌

受付はじまっています! 「町には本屋さんが必要です会議」Vol.5 inくすみ書房 〜町には本屋さんが必要ですか?会議〜 2013年の閉店の危機を契機に新しい流通を模索する、 くすみ書房の久住さんに、町にはなぜ本屋さんが必要なのかを お聞きします。 あたら…

東京新聞に掲載されました。

ご報告が遅れましたが、先月、1/17に開催しました、 第1回「町には本屋さんが必要です会議」の様子が、 「東京新聞」2/5付の夕刊で、大きく取り上げられました。 「本屋がなくなっても別にいいじゃない、という人もいる。 そこから話をしないといけない」と…

第2回、第3回、「町には本屋さんが必要です会議」について

第2回、第3回、「町には本屋さんが必要です会議」は、 両日ともに、すでに定員に達しております。 たくさんのご予約、ありがとうございます。 現在は、より意義のある会議の運営にむけて、出演者たちが、 トークの準備をしています。 また、4月以降の会議…

第3回「町には本屋さんが必要です会議」のお知らせ

今日から受付開始です! 「町には本屋さんが必要です会議」vol.3 国立本店 出演:篠田宏昭(増田書店)、笈入健志(往来堂書店) 碧野圭(作家)、島田潤一郎(夏葉社) 日時:2014年3月15日(土)19:30~21:00 場所:ギャラリービブリオ(JR国立駅南口徒歩2…

第一回会議の議事録

1回目の会議は、1月17日(金)、西荻窪のbeco cafeで行われた。出演者は、往来堂書店の笈入さんと、ブログ空犬通信を運営している空犬さん、夏葉社の島田の3名である。 上記のほかに4人のメンバーの力を借りて、これまで会議の準備をしてきたが、現在…

明日は会議です。

明日は、いよいよ、第一回目の会議、「町には本屋さんが必要です会議~町本会立ち上げ、公開企画会議~」です。 話したいこと、聞きたいことが、たくさんありますが、個人的に心がけているのは、この会議を、一部の「本好き」、「本屋さん好き」だけのものに…

『本屋会議』ができるまで(1)

昨年、海文堂書店が99年の歴史を閉じた。大変ショックで、まるで、大切な人が死んだような気持ちになった。ぼくのTWITTERは、「さびしい」という声でうまり、閉店の日、海文堂には、多くの人がつめかけた。ぼくもまた、店を愛した多くの人と同じよ…

はじめに

町から「本屋さん」が消えつつあります。激しい競争、仕入の困難など様々に 原因が語られますが、いま私たちに必要なのは町の人々に本当に必要とされる 本屋のイメージではないでしょうか。「町本会」という場を通して、何から取り組むべきかを具体的に考え…